ニューヨークシティインディペンデント映画祭正式上映作品
村上和雄ドキュメント「SWITCH」の上映会と
SWITCH企画・構成・監督の鈴木七沖さんのお話会を行います!


2018年3月18日(日)
13時30分~(開場13時~)
1部:映画SWITCH上映会 13時30分~14時50分
2部:鈴木七沖さんお話会 15時15分~18時00分


***********************************

~鈴木七沖さんメッセージ~

人間は、本来もっている可能性の、
実に5~10%しか使っていないと言われています。

残りはどうなっているのか?

眠っているそうです(笑)

私が制作した『SWITCH』は、眠っている可能性の扉の存在を生命科学の見解から表現した作品ですが、
この度のお話し会では、
「意識」 「食」 「身体」 「魂」
というキーワードを盛り込みながら、
これからむかえる時代の中で、 いかにしてひとつでも多くの扉を開いていくのか、
そのコツのようなものを皆さんとシェアできればと考えています。

***********************************

「SWITCH」
人間の無限の可能性を追い続ける科学者 村上和雄博士の研究の軌跡と、
遺伝子がオンになった人々の生き様を追った感動のドキュメンタリー。

人間の遺伝子には、1,000文字×1,000ページの百科事典約3,200冊分の情報が入っていると言われています。
しかし、私たちは生涯、その数パーセントしか使っていないことが様々な研究の結果により明らかになりました。
バイオテクノロジーの世界的権威、村上和雄博士は言います。
「眠っている遺伝子のスイッチをオンにすれば、人間の可能性は無限大だ」と。
では、私たちの遺伝子は、いかにしてオンになるのでしょうか。

「生かされている」ことを知るとき、私たちの遺伝子はオンになる。
2005年に起きたJR福知山線の列車事故は、多くの犠牲者をだし、
事故から6年以上経った今も、当事者のみならず、たくさんの人の心に傷を残しています。

そんな中で、人々に勇気を与えている女性がいます。
最も被害のひどかったと言われる2両目に乗っていた鈴木順子さんです。
順子さんはこの事故で、脳に重度の障害を受けました。
しかし、彼女は、母・もも子さんをはじめとする家族の愛の中で、驚くべき回復を遂げます。
愛と笑いが遺伝子をオンにした奇跡の物語です。

スイッチをオンにして、自分のミッションを生きる。
子どもの重度のアトピーとの長い闘いに疲れ切り、さらに夫の会社が倒産。
そして自身は流産してしまう……。
そんな人生のどん底とも思える状況の中で、自分のミッションを知った1人の女性がいます。
映画『1/4の奇跡』の監督、入江富美子さんです。
ごく普通の主婦だった彼女に、一体何が起こったのでしょうか。
「宇宙に感謝の量を増やす映画をつくる」というミッションを果たすべく、東奔西走する彼女のエネルギーの秘密に迫ります。



鈴木七沖さんプロフィール

1964年に愛知県生まれ。
現在の実家は滋賀県大津市。
日本大学、文化服装学院を卒業後、さまざまな職業を経てから、
33歳のときに(株)サンマーク出版に入社。
担当書籍は160冊以上、累計実売部数が330万部を超える。
取締役&第4編集部編集長を経て、 2018年より独立。
編集者、映像制作者、料理表現家として書籍の編集 、
各種イベント開催、映像作品の上映会、講演会など、
様々な形で 「世界を変える種まき」 を実行中。
2011年3月、ドキュメント映画『村上和雄ドキュメント「SWITCH」』を制作。
自主上映は国内外で400回を超え、
観客動員数は約6万人にのぼる。
2017年4月より淡路島にて農業研修をスタート。
また、辰巳芳子さんの門下生でもあり、
「いのちのスープ」 を学んでいる。






3月18日(日) 13時30分~17時00分




¥4,000 税込(上映会・お話会参加費+ドリンク付)





完全予約制
予約先
こちらからメールにてお申込をお願いします




定員:40名
こちらまでメールで参加者名をご連絡下さい。
折り返し詳細をお送りいたします。
上記アドレスからのメールが受信できるようにしておいてください。

ご入金の確認をもってお申し込み完了とさせて頂きます。
キャンセルの場合は3月1日までにお申し出ください。
それ以降はキャンセルの受付を行えませんのでご了承ください。
イベントページはこちらです。



Copyright(c)2015 blanchouette All rights reserved.